最近よく耳にする「ED」の事を詳しく知りましょう

最近、性的な興奮はしているのに勃起しない又は持続しないなと感じる事はありませんか?もしかしたらそれはEDかもしれません。最近ではこれをエレクタイル・ディスファンクションと呼ばれています。

自分がEDに該当するかを確かめる為には

男性の勃起障害と呼ばれるEDは、英語で「Erectile Dysfunction」と書かれます。どの程度がEDと判断されるかは、明確な定義はありませんが、基本的には「十分な硬さを得られない勃起、または満足な性交が行えない状態」とされます。つまり、どんなことをしても勃起ができない状態だけでなく、十分な硬さを得られない場合や性交中の中折れなどもEDに含まれます。軽度の症状であれば、性的な刺激を受けてもなかなか勃起できない、普段は勃起するのに何らかの問題によって勃起できないタイミングがあるのもEDとなります。男性にとっては自信の象徴でもあるため受け入れがたく、自分はまだ若い、十分に勃起できていると思っていても、調べて見るとEDだったということもあります。加齢によって増えていくことが分かっていて、40代なら5人に1人、50代では2.5人に1人の割合となっているので、少しでも不安があれば確かめてみることも大切です。とはいえ、病院に行って診察を受けるのが恥ずかしい、EDなら意味はあるけれど、もし違ったらどうしようという心配もあるかもしれません。現在ではネット上に国際勃起機能スコアに基づくEDチェックシートが公開されているので、自分がどういう状態かセルフチェックによって簡単に調べることができます。この時点で断定できるのであれば、ED 治療薬や精力増強剤を使用した治療も可能なので、自分で判断して治療を開始します。セルフチェックは確定診断ではないので、確実に症状を言い当てるというわけではありませんが、勃起機能の低下や気になる問題があれば可能性は十分にあるので、点数を確認して疑わしい点が見られた場合は専門のクリニックや泌尿器科などで診てもらうと良いでしょう。

意外と厄介なEDの主な症状と原因

EDとはSEXのときに十分な勃起力を得られない症状であり、自慰のときに十分に立つような状態は該当しません。妻が相手だと勃たないけど不倫相手なら勃つという場合は、妻だけEDと呼ばれます。EDはSEXを正常に行えなくなるので、自分はもちろんパートナーにも迷惑をかけてしまう症状です。原因は加齢的なものが多いですが、精神的な問題から発症することもあります。そのまま放置して治るケースは稀なので、医療機関で検査を受けるべきでしょう。EDは不妊症の原因ともなるため、子供を望んでいる夫婦にとって治すべき症状です。男性は自分でEDだと自覚したがらない傾向があるため、妻が指摘してあげることも必要でしょう。セックスレスになってからでは遅いので、早めに対策をしていく必要があります。EDは突発的に生じるものではなく、肥満や動脈硬化のように徐々に進行していくのが特徴です。それゆえ症状に気づきにくいのですが、SEXをしても快感が弱いと感じるようになったら注意が必要です。勃起力と快感は比例するため、快感が弱くなったら勃起力が減退していると考えるべきでしょう。そのまま放置しておくとさらに減退し、射精をせずに終わってしまうことになりかねません。40代~50代くらいから発生するEDの場合は、早漏を招いてしまう可能性もあります。勃起力が不十分になることで、メリットは何一つありません。男性にとって精力減退はそのまま老化につながりますから、老化防止のためにも精力は高く維持しておくべきです。下半身が弱くなったと感じたら、身体に何らかの異常が発生していると考えるべきでしょう。特に生活習慣病が関連する勃起不全は多いので、定期的に健康診断や人間ドックを受けておくことは大切です。

EDの適切な治療法と対策について

EDというと、完全に、勃起しない人をイメージしやすいですが、正確には勃起障害も含まれるために色々な人が当てはまります。加齢でもEDになることが多く、また疲れやストレスからもなったりする病気です。そのためEDのメカニズムを知り、治療法と対策について覚えておくと便利です。EDの原因は二つ有ります。1つは脳や伝達経路による病気です。いわゆる、ストレス障害やうつ病、または、神経系統の病気です。例えば、疲れやストレスが重なってくると能にストレスがかかり、ムラムラしなくなります。そこで、最初に大切なことは、ストレスをためないようにしたり、十分な休養をとることが予防対策となります。もしムラムラしないときは、疲れているときなので、滋養強壮剤や精力剤などが対策として効果があります。もう1つは、血管障害です。中高年では、こちらのほうが多いです。実はペニスは筋肉はありません。その代わり脳がムラムラすると、ペニスに血液を送りこめという命令を出してペニスが血液で満たされている状態を勃起状態といいます。そのため、血管に障害があるとペニスに運ばれる血液が流れにくくなり、EDを引き起こします。その血管の流れを悪くする原因として現代病があげられます。例えば、糖尿病や高血圧、高脂血症などです。これらにかかると血管が通りにくくなり動脈硬化を起こして血管を詰まらせてしまい血液が流れにくくなってEDになります。そのため、対策としては、これらにかからないようにすることです。例えば、常に血管を若々しく保つことです。そのためには、常に適度な運動をよくして血液の効果を防ぐこと。そして、これらの現代病にかからないようなものを食生活に気をつけることです。つまり、日ごろからね脂っこいものを避けて、コレステロールを減らし、代わりに血液をサラサラにするような食べ物を沢山とることです。これらがEDの治療と同時に予防対策になります。

▼シルデナフィル配合なので効率よくEDを改善できます
カマグラゴールド
▼コストパフォーマンスを誇るタダリスでED治療しましょう!
タダリスSX
▼効果持続時間が長いED治療薬です
シアリス